(515) 361-3125

GitHubからCloneしてSSH接続する←前記事

GitHubとSSH接続ができてmasterブランチがある状態です
ブランチ(branch)を切ってGitHubにpushしてみましょう

なんのためにブランチを切るの?←後日更新

 

1.branchを切る
コマンドラインで以下のコマンドを打ち込んでください

 

・今のbranchの状態を確認する

git branch

すると以下のような表示になるはずです
これはmasterブランチのみがある、*は今いるbranchを表しています

* master

 

・branchを切る
developブランチを切ってみましょう

git branch develop

 

・branchを移動する
branchを切っただけではまだmasterブランチにいる状態なので、developブランチに移動しましょう

git checkout develop

 

・今のbranchの状態を確認する

git branch

以下のような表示になれば、developブランチへの移動成功です!

 master
* develop

 

 

2.作成したローカルブランチをpushする
ローカルのdevelopブランチにいる状態で、リモートにpushします
※originを忘れないように

git push origin develop

 

これでリモートとローカルにmasterブランチとdevelopブランチができました
GitHubのbranchボタンを押して二つのブランチができているか確認しましょう

 

確認ができたら、同じ手順でfeature/【任意のブランチ名】というbranchを作ってみましょう
feature/【任意のブランチ名】が作業ブランチとなるので、branchを作ってpushしたら以下のコマンドで作業ブランチに移動して作業を開始しましょう

git checkout 【作業ブランチ】

※featureブランチは大まかな機能ごとに切ります
例)feature/create-postとかそんな感じです、version numnerをつけたりする方法もあるようですが大規模開発でないならこのように機能の名前などでいいです

 

なぜmasterブランチやdevelopブランチではなく、feature/【任意のブランチ名】で作業するのか、詳しくは別の記事で書きます
Git-flowというイケてるブランチモデル←

 

次はfeatureブランチで作業した後の流れについてです
→開発作業したものをGitHubにpushする(後日更新)

7743449499

GitHubにリポジトリを作成する←前記事

GitHubに新規プロジェクトのリモートリポジトリを作成したら、今度は作成したものをローカル(自分のPC)にCloneしてSSH接続しましょう
SSH接続するためには「鍵」というものが必要になるので、以下の流れでCloneからSSH接続までをやっていきましょう

1.ローカルで秘密鍵・公開鍵を作成
2.GitHubに公開鍵を登録
3.GitHubからリポジトリをCloneしてSSH接続する

1.ローカルで秘密鍵・公開鍵を作成
terminalを開いて以下のコマンドを打ち込んでいってください

・秘密鍵・公開鍵ファイルを置く場所に移動する

cd ~/.ssh

・秘密鍵・公開鍵があるかどうか確認して、無かったら作成する

ls -la

→id_rsaとid_rsa.pubというファイルがなければ作成

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "【任意のメールアドレス】"

私は【任意のメールアドレス】はGitHubに登録しているメールアドレスにしています
※4096という数字は鍵の長さ(bit)です。別の記事で書きますが、4096にしておけば安全性が高いのでこれで作っておきましょう。

Enter file in which to save the key (/Users/(username)/.ssh/id_rsa):

↑保存先の場所を聞かれているのでそのままEnter

Enter passphrase (empty for no passphrase):

↑任意のパスワード入力(未入力でも作成できるが入力推奨)

Enter same passphrase again:

↑パスワード再入力(未入力だった場合はそのままEnter)

もう一度

ls -la

してid_rsaとid_rsa.pubというファイルが作成できたかどうか確認しましょう

2.GitHubに公開鍵を登録
公開鍵というのは1で作成したid_rsa.pubのことを指します
※「id_rsa」ではなく「id_rsa.pub」の方です。要注意!

まずは、作成したid_rsa.pubファイルの中身をcatで開いてコピーしましょう

cat ~/.ssh/id_rsa.pub

次に、GitHubのリポジトリページを開き、右上の自分アイコンをクリックして表示されるプルダウンメニューの「Settings」を選択し、GitHubの設定画面を開く
→左側メニューの「SSH and GPG keys」を選択
→「New SSH key」というボタンを押してください

・コピーした公開鍵(id_rsa.pub)をGitHubに登録します

Title:SSH接続するデバイスの情報
例)ririson macbookair

Key:先ほどコピーしたid_rsa.pubファイルの中身をペーストしてください

「Add SSH key」ボタンを押してSSH Key(公開鍵)の登録完了です

3.GitHubからリポジトリをCloneしてSSH接続する
・SSH接続情報をコピー
まずは、作成したリポジトリのページ右上の方にある以下のような「Clone or download▼」というボタンを押します

すると以下のような情報が表示がされるので、git@github.com: ○○○○○○○○○○○○の部分をコピーします

===================================

Clone with SSH
Use an SSH key and passphrase from account.
git@github.com: ○○○○○○○○○○○○

===================================

・Cloneする
ローカルのterminalを開いてリポジトリをcloneしたい場所に移動する
例)/Desktop/にCloneしてきたい場合

/ 一回ホームディレクトリに戻る
cd

/ Desktopに移動
cd Desktop/

以下のコマンドを打ち込んでCloneします
「git@github.com: ○○○○○○○○○○○○」の部分は先ほどコピーしたSSH接続情報です

git clone git@github.com: ○○○○○○○○○○○○

以上でGitHubとSSH接続ができました

ですがこのままではまだmasterブランチです
開発は単独開発であっても複数人開発であっても、ブランチを適切に切って行うのが良いので、次はブランチを切ってGitHubにpushしてみましょう


後日更新→ローカルでブランチを切ってGitHubにpushする

自己紹介

初めまして!浦田理絵です!
GeekSeed株式会社の代表取締役社長とエンジニアをしています。
みんなには「りりそん」と呼ばれています。

(写真:Work Switch)

●名前:浦田理絵
●ニックネーム:りりそん
●職種:社長、エンジニア
●生年月日:4月28日
●Twitter:@ririson_jp
●Facebook:浦田理絵

2010年 獨協大学(外国語学部英語学科)を中退
2012年 CROOZ株式会社でカスタマーサポート
2014年 CodeCamp株式会社でプログラマになる、phpとかhtml,css,jsとかさわる
2015年 フリーランスのエンジニアになる、Ruby on Railsを主にさわっていた
2017年 GeekSeed株式会社を設立、受託しながら自社サービス開発中
2018年2月9日 自社サービス「8129895486」リリース👈🆕

今よく扱っている言語はRubyでフレームワークはRuby on Railsを使っています。php,html,css,js,Reactとかも書きます!
企画・経営・マーケティング・デザイン・エンジニアリング・プログラミング・営業・運営いろいろやりますが一言で言えば「エンジニア起業家」です。

登壇したもの


  • codecamp2周年記念イベントLT登壇(2015å¹´11月13日)

登壇内容:schope(α版)の紹介
関連企業:codecamp株式会社

  • 『35名限定!!』いま急増中のエンジニア女子のワークスタイルとは!?(2016å¹´1月21日)

登壇内容:エンジニアと言うキャリアや転職、自身のキャリアなどについて
関連企業:インフラトップ株式会社、ライボ株式会社

  • 【社会人限定】★実際ITってどうなの?!未経験からIT業界へ転職するためには?(2016å¹´10月12日)

登壇内容:未経験からIT業界への転職について
関連企業:インフラトップ株式会社

  • 「フリーランスとして働く」新卒からのキャリア戦略MeetUp!【19卒向け】-若手フリーランスエンジニアが登壇!-(2017å¹´11月22日)

登壇内容:フリーランスエンジニアの働き方について
関連企業:codecamp株式会社

記事に載ったもの


  • Work Switch(2016å¹´2月3日)

418-550-4513

  • geechs magazine(2015å¹´9月1日)

バックもフロントもこなすフリーな女神!に出会った♡【#ギークな女神 vol.5】

  • geechs magazine(2016å¹´2月9日)

【動画あり】最高のバレンタインシチュエーションを決めろ!俺達の決定戦

  • 教えて君.net(2015å¹´12月3日)

もうプレゼント選びに悩まない!大切な人の欲しい物がひと目でわかって便利

  • Android Smart(2015å¹´12月4日)

もうプレゼント選びに悩まない!大切な人の欲しい物がひと目でわかって便利

  • Code部(2015å¹´9月21日)

美女エンジニア3人に電撃インタビュー!とあるエンジニアの恋愛事情

  • THE LANCER(2016å¹´3月18日)

352-524-2682

  • 日本経済新聞(2016å¹´10月31日)

7092852012
787-368-2204

  • HASIGOインタビュー(2016å¹´12月25日)

パソコン初心者からエンジニアに!? フリーランスエンジニア浦田理絵さん!

  • geechs magazine(2016å¹´12月26日)

(514) 681-3677

(๑•̀ㅂ•́)و✧{ 増えたらまた更新します

oversaturationというサービスをつくったということと、夜これ民(夜はこれから!という夜型人間)なので、「夜これエンジニアの技術部屋」という名前にしてみました。
これからよろしくお願いします!

GitHubにリポジトリを作成する

organization(会社などの組織アカウント)が作成済みの場合で説明します。

まずは、organizationのリポジトリ一覧ページ(/github.com/【設定したorganization name】)の右上にある以下のようなNewボタンを押してリポジトリ作成ページを開きます

↓こちらがリポジトリ作成ページ

 

Repository name:

作成したい任意のリポジトリ名
私はいつも、web→hoge_web、api→hoge_api、iosやandroid→HogeMobileという名前で設定します

Description(optional):

リポジトリの説明
リポジトリ名がhoge_webだったら「hogeのweb用」とか、未入力でもリポジトリ作成できます

Public or Private:

公開or非公開
有料プランにするとPrivateにできます
全世界にソースコード公開したい場合はPublic、公開しない場合はPrivateです

initialize this repository with a README:

色々やり方があるみたいですがチェックをつけておきましょう
READMEの重要性についてはまた別記事で書きます

Create repositoryボタンを押すとリポジトリ作成完了です
README.mdというファイルだけが作成された状態のページが表示されたらリモートリポジトリ作成成功です

次は作成したものをローカルに落としてきましょう

↓次回更新します
→GitHubからCloneしてSSH接続する